秋ねぇ~・・・

わたしの大好きな、夏が終わりそう。

あぁ・・・来年が待ち遠しい。

はやく、夏が来ないかなぁ。

100

 

 

 

 

 

来年は出るよ。

この冬は、プールで特訓。

 

その前に、秋が来る。

秋は、夏の次に好き。

いっぱい乗るよ。

 

遊んでばっかだ(笑)

 

潤いの梅雨

咲いた!

第一号はオレンジ。

1

 

 

ナスターチューム

(和名:きんれんか)

 

 

2

 

ドアップで。

モノトーンの景色に輝くね。

 

 

オリズルラン。

3

 

潤いが、余っている。

 

 

 

4

 

この一滴・・・

 

 

 

人と同じ。

生きているんだね。

 

季節の移ろい

カラっと爽やかな五月も今日でおしまい。

もうすぐ梅雨がやってくる。

ジトジトするのは好きではないけど、梅雨は梅雨で良いこともある。

紫陽花の花が今年はたくさん蕾をつけているので、とても楽しみ。それに、梅雨の時期は薔薇や芝桜など、増やしたい花々を挿し木したり植え付けたり、庭の繁殖に忙しい。

046

 

そんな5月31日。

ブルーベリーが色づき始めた。

 

 

 

 

045

 

今年は大粒だなぁ。

年々たくさん実をつけるようになり、幹も大きくなってきた。

 

 

 

今年は、水田にも初挑戦?!

047 

(笑)毎日食べている玄米を水に浸していたら芽が出たんで、器に土と水を入れた、というだけ(^^)

室内なので、収穫まで期待はしていないけど、どこまで育つか、楽しみ。

 

 

5月、ありがとう~。6月、ようこそ~。

 

今季初大麻山

夜には雨が降り出すなんて信じられないような好天気なので、

今季初の大麻!

頂上までは行かない代わりに、短いコースにチャレンジ。

 

鳥居をくぐった途端「ウイーンウイーンウイーン!!地震です!!ウイーンウイーンウイーン!!地震です!!」と携帯が叫んだのでドキっとした。

熊本では大変な被害を受けられて、本当に心が痛みます。

幸い、揺れは来なかったのでそのまま登坂。

始めのゆるゆる坂に「ん?私、強くなったかな?」といつもの錯覚。後半腰がめげるか気持ちが折れるか・・・腰よりも気持ちのほうが弱かった。「やめたいよ」と気持ち。「まだいけそうだけど」と腰。「え?まだ行くの?もうやだ」と気持ち。「やめたら後悔するで~」と腰。「いや、もうこの辺でいいわ・・・」と気持ちが終わりそうになったとき。そこは、初めて大麻山に挑戦したとき、私が足を着いた地点だった。「ちきしょっ!」と気持ち。「ほら、もうすぐやん」と腰。

そして、到着!

1

 

目標地点までなんとか踏み続けた。

シーズン初にこっちのコースはハードだった。

 

 

 

 

 

見上げると

2

 

桜!

ぶっ倒れた自転車に

はらはらと花びらが舞い散る。

 

 

 

しばらく休んで、こんどは緩いほうの坂を下る。

室谷の棚田は、早くも水が入って、ゲ~ゴーゲ~ゴー蛙の合唱が始まっていますよ。

3

 

青空が映ってきれい・・・

 

 

 

4

 

 

自転車ではここまで。

 

 

 

 

5

 

 

この階段を上ってあの大きな木の所が展望台。

 

 

6

 

い~い眺め。

 

 

 

 

是非、遠くの景色も。

7

 

 

中電の三隅発電所と、海が見えます。

島根は、山と海の距離が短いんです。

 

 

 

下っていると、枝垂桜。

8

 

 

もう、このままお昼寝しちゃいたい・・・。

予備軍

最近に限らず、物忘れの多い私。

あまり集中力がないので、忘れるというよりまず、覚えてないというのが正しいかもしれないけど。

それにしても、地元から離れ異郷の地に嫁ぐと、交友関係が極端に減る・・・というか、ゼロからのスタートになる。

わたしのように、子どもを持たず、人と接する職業に就かなければ、朝夫を送り出してから夫の帰宅まで、誰とも喋らない、ということも珍しくない。

そして、人一倍口数の少ない夫と、一緒にいても話をほとんどしないことだってある。

顔の筋肉を垂れさせないためだけなら、変顔体操や歌でも歌えば良いのだけど。

頭を弱らせないように、お勉強でもすれば、脳ミソの維持ができるのかもしれないけど。

そういう努力をしなければ、認知症にとても近いところに私の生活環境はあるような気がする。

と、まだ先のことのように思っている今だって、認知症に向かって、30代、40代から発症するという、予備軍ではないという確認をしたわけではない。

まだ物がわかるうちに、身辺整理をしておかないとね。

 

2016桜見

4月2日(土)、お天気とお休みと満開がピッタリと揃うことも珍しい。

三隅に来て5年目の春。初めて、最高のお花見日和に恵まれました。

写真、撮りまくり(@o@)

お昼出発で大平桜へ。何度も自転車で訪れている場所なのに、花が咲いているのを見るのは初めて。

1大平桜

 

樹齢600年を超える巨木。

満開前なのか満開過なのか、老木のためなのか、初めて見るのでわからなかったけど、下の方にしか開いた花がなかった。

 

 

 

ちょうど今日明日で桜まつりが行われていた。

2大平桜

 

毛利さんという、地元のお祭りによく登場される歌い手さんが歌っておられた。

 

3大平桜

 

毛利さんの歌を聴きつつ、うどんを食べ。汗が冷えてきたので出発。

 

 

桜見ライドです(^^)

自転車レースも行われる、種周回コース、ここも今満開だということで、種へ移動。

4種に移動

種はだいぶ暖かい。

大平桜は標高がだいぶ高いから、今からなのかな。

 

 

5種廃校

 

練習の拠点にしている、廃校になった小学校だか中学校。芝生のグランドは、お花見に最適!なのに・・・無人なのが残念。

 

6種桜7種桜からの眺め

 

 

 

 

色んな角度で撮ってみる。

 

 

8種練習コース

 

 

ジャーン!さくら。こいのぼり。

 

 

 

9種の桜由来ザ、満開!

 

10種桜からの眺め

 

 

もっと、広く知れて、遠くからも多くの人に桜見ライドに訪れて欲しいな。種は本当に走りやすい良いところ。

 

 

そのあと、美都をまわって帰ろうと思っていたら、良さそうなところがあったので、ちょっと寄り道。

 

11金谷城の桜

 

 

美都のまちから、数キロのぼったところに、こんな素敵な場所が。

 

 

 

 

12金谷

 

主役はちょっとお高いところに。

自転車のシューズではちょっと無理なので下から眺める。

 

 

13金谷

 

カメラをアップにしてみる。

花は余り付いていない様子。

 

 

14金谷わんこ

視線を感じて振り向くと、

かわいいわんこがいた(*^^*)

 

 

15金谷

 

なかなか良いところだった。

ここは、来週(4/10)おまつりがあるそうだ。

 

 

4月3日(日)、今日は夕方から雨が降り出す。もうお祭りは撤収されただろうけど、どうなっているかと、夜、大平桜に立ち寄ってみる。

16大平桜4.3

 

ライトアップが美しく、私たちの他にも訪れている人がいた。

 

 

 

今年は、たくさん桜を見たなぁ・・・と、そういえば、地元で今までいつも見そびれていた桜並木があった。明日、雨が上がったら行ってみよう・・・

というのはここ。

17三隅川の桜4.4

 

4月4日(月)

まだ、きれいに咲いていました。

 

 

三隅川沿い。通勤でたまに通るけど、桜の時期にいつも忘れていて、5年目にやっと見ることができた。舗装されていない土手。歩いて通り抜けできたのだけど、今はもうだめ。

18山陰道工事に桜4.4

 

山陰道の工事で行き止まり。

少しずつ景色が変わっています。

少し残念。

 

 

この日はそのまま左岸を通って出勤してしまったので。

4月5日(火)、もう一声。

19三保の桜並木4.5

 

ここも良いんだな。

三隅川右岸、海に近い三保のまち。

お気に入りジョギングコース。

 

 

 

 

20三保桜並木反対側4.5

 

遠く大麻山を望む三隅川、桜越しに・・・美しい。

 

 

 

 

 

空も青くなってきた。

21桜アップ

 

 

2016年、春。

大満足なり。

 

 

 

 

4月7日(木)

雨が降っています。時折かなり強い風。

桜を散らすのでしょうね・・・

雨が上がったら、ピンクの絨毯を見に行ってみようかな。

 

サクラモモモモ

毎年、桜の開花宣言前に満開になる、三隅の“佐々木桜”。

さくら1

 

 

9号線から一歩入ったところにあります。

 

 

 

 

さくら2

 

 

ちょっと難しげな斜面に生えていますが、相当大きな木です。

 

 

 

 

さくら4

 

今日も日本海側は風が強く、小さな花になかなかピントが合いません。

ちょっと小さな花です。

 

 

 

 

春一番乗りの佐々木桜。

 

うちのモモも、もう間もなく開花かな(^^)

もも

 

 

楽しみにしてるよ。

こうぞノチカラ

年の瀬も押し迫ってきました。

良いお天気だった先日。仕事の帰り、遠回りして日当りの良い川土手を走っていると、毎年冬になると見られる光景に出合いました。

こうぞ2

 

三隅の冬の風物詩、

稲のごとく、天日に干されているのは、

石州和紙の原料、こうぞ。

 

 

 

 

こうぞ1

 

 

こうぞの木を蒸して、皮を剥がし、干してカラカラにするのだそうです。

 

 

 

 

昨年の秋、改めて無形文化財に指定された、石州和紙。

西田さんの工房に立ち寄ってみました。

毎年、曜日にかかわらず、12月20日に蒸す作業をするらしいです。

 

では、この作業が終わったら年越し、という感じですか?と聞くと、

乾かすのがナカナカ大変で、結び換えて干すことを何度も繰り返すのだそう。何日か晴天の日が続いてくれたら良いのだけど・・・と。

山陰のこの時期は、スッキリ晴れる日が少なく、ショボショボと雨が降り続く。雨の日は引き上げて、また晴れたら干し・・・乾かすのもなかなか時間がかかるようです。

 

こうぞ3

雨の日の今日。

ガードレール際で、引き上げられた残骸が少しあったので、1本頂いてきました。

これがこうぞ。

 

繊維が強くて、食べたら(笑)歯の間に挟まりそう(笑)

結構硬いです。これが、あのしなやかな和紙になるんだね。

 

ちょっと前だけど。12月のはじめ頃。

今年も紅葉が色づいた。

031

 

 

 

 

 

 

カメラの機能を使って遊んでみた。

027

 

 

 

紅い色だけに反応。

 

 

そうなの?

028

 

 

そうみたい。

 

 

それなら・・・

029

 

 

年々実をたくさんつけるようになった

万両。

 

 

 

そうだ・・・

030

 

 

もうすぐ クリスマス(^^)

秋の名残

萎れた花殻を摘んでやると、まだまだ綺麗に花を咲かせてくれています。

かわいいなぁ。

思わず、自己満足の撮影会。

002

 

満開の時期には見られなかった花びらの形。

 

 

 

 

003

 

 

かわいいなぁ・・・

 

 

 

004

 

 

こんな花もいる。

 

 

 

005

 

 

あ。ここにも。

 

 

 

007

 

かわいいねぇ・・・

 

 

 

 

008

 

 

ここだけ見たらもう、マーガレットだね。

 

 

 

 

 

ここまで長く、コスモスを愛でたのは、初めてだなぁ。

自然のままの自然も良いけれど、人間が手をかけてやる自然も、素敵だなと思う。